mina*info minainfo.exblog.jp

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

猫のまなぐ

f0009984_2351270.jpg

f0009984_2351322.jpg

f0009984_2351392.jpg

f0009984_2351348.jpg

津軽に残る伝統的な『こぎん』という刺し子に“猫のまなぐ”(猫の目)、“猫の足”という文様がある。昔から津軽の人びとと猫は深い関わりがあったことがわかる。

岩合光昭さんの写真展で観たりんごがたわわに実る木の上や黄金色の稲穂の中や雪の降り積もる日や四季折々の豊かな、ときに厳しくもある津軽の自然の風景にいる猫たちの強いまなざしが素敵だった。

こどもの頃に実家で飼っていたトラという名前のオスの日本猫の虎猫も、まさしく寅のように猛々しい表情で格好よかった。

余談ながら、トラと兄弟で実家に来たニャンペは綺麗な顔をした華奢な猫でやさしい性格だった。かっこいい名前が似合いそうな雄猫。犬はもらわれて来た子犬のときにチビだったからチビ。のちに大きさはチビで無くなる。虎猫だからトラ。ニャンペは津軽弁っぽい。いまは使う人がすっかりいなくなったがチャペは津軽弁で猫の意味。アイヌ語も同じく猫のことらしく、津軽弁にはアイヌの言葉と同じ語源が数々ある。ニャンペはチャペ+アニメのいなかっぺ大将のニャンコ先生から来ているのかな?とずっと思っていた。チビはわたしが赤ちゃんの頃にもういたし、とてもシンプルな名前を家族の誰が付けたのかこどもの頃からずっと気になっていた。そう言えば誰にも聞いたことがないなぁ。

写真をメインで撮られていたリッキーや仲のよいハナと名づけられた子猫だったり兄弟たちのお乳を飲む姿や散歩の可愛さったらたまらない。一緒に写る岩木山も季節で顔が変わる。

[PR]
by minako-info | 2015-09-06 00:33 | from mina