<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こっこ

静岡に行ってきた人のお土産で
“こっこ”というお菓子をいただきました。
かなりおいしかったです(*^ー^*)
銀のいちご こっこというのが
正式な名称。
きれいな桃色の小さな蒸しパン。
より自然な素材にこだわったと
箱に書かれている通り
いちごの味が自然で
たまごの味も感じられ
中のミルククリームも
ちょうどよいお味。
すごく好きなクリームの味。
冷たい牛乳にも合いそう。
静岡市にあるミホミという
お菓子屋さんのものでした。

☆たまご色のプレーン味や
抹茶味やこっこゴールドなど
いろんな種類のこっこがあるようです。
いただいた人からのお話しだと
静岡の駅の売店では
お土産ランキング1位がわさび漬けで
2位がこっこだったとか。
[PR]
by minako-info | 2007-01-30 00:06 | from mina

ポケットラジオ

きょう電器屋さんで
ポケットラジオを買いました。
白い小さなAMもFMも聞けるやつ。
仕事をするときも
絵を描くときも料理してても
いつもラジオを聞いていて
外出したときも聞ける
携帯する小さなラジオが欲しかったので
お店でみつけて
イメージしていた小ささで
値段もかわいいし買ってしまった。
ポケットラジオ、いい相棒になりそうです。
しかしSONYのとかかっこよかったなぁ・・
こどもの頃はずっと放送委員で
DJみたいに昼休みの放送をしたり
朗読したり、インタビューしたり
レコードをかけたりする仕事が
すごく好きだった。
かけてもらいたいレコードを書いた紙を
入れておくリクエスト箱を開くのも
毎回意味もなくわくわくした。
[PR]
by minako-info | 2007-01-28 23:06 | from mina

スミレ17歳!!

青森にもどっていたときに
すっかりタイトルを忘れてしまい
読みたくて探せないでいた
「スミレ17歳!!」を
近所のコミック屋さんで買いました。
(「○○○16歳」という中途半端な記憶しかなく
みんなに「アイコ16歳」?と言われてた・・)
ストーリーは、ごくふつうの学園で起こる出来事
を描く青春もの。(ギャグ漫画)
ある日、野ノ山高校に転校して来た主人公四谷スミレ(17歳)。
スミレはじつは人形で(まるわかり)背後で常に黒衣のオッサンが
彼女を操作している。オッサンの正体はよくわからない。
しかし読んでいるうちに、オッサンが女子高生四谷スミレ17歳(人形)
の人生を完璧?に演じてるというか生きているのに
だんだん感動してきた。
超キュートなスミレの存在に男子達がみんな
メロメロになるのが可笑しい。
(うしろで操るオッサンの存在に葛藤しながら)
なかよしの女友達3人組が
オッサンの正体を知りたくて尾行する。
怪しい店が立ち並ぶ夜の街の
託児所でスミレは保母さんのアルバイトをしていた。
こども達に「パパ」と呼ばれている。
「もう、失礼ねっ!女子高生にむかって」
とスミレは怒るが
「だって男じゃん!!」
とこども達は容赦ない。
その帰り道、コンビニでビールと枝豆を買った
レシートをポケットから落としたのをみつけて
スミレを友達としてもっと好きになっていく。
1巻を読んでて、んっ?と思ってたわたしも
2巻目にはすっかりスミレが好きかも(笑)

☆いまはリニューアルされて
「スミレ16歳!!」とタイトルも
1歳若返り、里山高校に転校して
週刊少年マガジンに連載中だそう。
[PR]
by minako-info | 2007-01-24 17:25 | from mina

いのくまさん

ことし初めて買った本。
いのくまさん。
お正月休みのこと。
何かエッセイや小説の本でも買おうと
地元の本屋さんにぶらりと行ったら
絵本売り場が充実していて
椅子に座ってあれこれ眺める。
んっ?前から欲しかったけど買ってなかった
いのくまさんあるかも!!と
探すと、ちゃんとありました。
開くとやっぱりよくて、即レジへ。
画家の猪熊弦一郎さんのいろんな絵と
文は谷川俊太郎さんが担当。
構成は杉浦範茂さんと豪華メンツ。
こどもに、猪熊弦一郎さんを紹介する
目的で制作された絵本らしく
すごくシンプルでかっこいい。
(ちなみに猪熊さんは、三越百貨店の
包装紙などもデザインしています)
初めのページがこどもの頃描いた絵で
めちゃくちゃいい絵(>_<)!
「こどものころからえがすきだったいのくまさん
 おもしろいえをいっぱいかいた」
とひらがなだけを使って書いた谷川さんの文も素敵。
昨年から、線画を描くのに夢中で
動物の絵も描いているので
猪熊さんのシンプルな絵に刺激される。

もう一冊。
青森市の成田本店しんまち店で見つけた
「アッチュム!
 フランスのかわいい古書を探しに」
眺めてるだけで楽しい気持ちにさせてくれる本。
いつも持ち歩いて飽きずに眺めています。
フランスの60〜70年代の絵本や
小学校の教科書の古書をあつかう
アッチュム・ポワン・コムという
オンライン書店から出た本です。
もう、わたしの好きな世界どまん中☆
開くたびにやにやしています。
絵もむちゃくちゃ描きたくなる。
青森で買った2冊の本から
よいエネルギーもらってます。
ちなみに、アッチュム!は
フランス語でハクション!
なのだとか。
かわいいくしゃみ。

★ブログをなかなか更新出来ずにいました。
遊びに来てくださった方、ごめんなさい。
また、まめに日々のこと書けたらと思います。
皆さんのよいお年になりますよう。
ことしもどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by minako-info | 2007-01-21 18:54 | from mina

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧