<   2010年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ズコット

f0009984_215147.jpg

f0009984_2151472.jpg

おみやげのケーキ“ズコット”。

イタリア・トスカーナ地方のまるいケーキのことを言うそう。素朴だけど大人っぽい味。おいしかった。

ホールのケーキを食べるの久しぶりでした。色と形がなかなか個性的。惑星のよう。
[PR]
by minako-info | 2010-02-28 21:51 | from mina

春の準備

f0009984_164152.jpg

f0009984_1641523.jpg

f0009984_1641550.jpg

f0009984_1641570.jpg

f0009984_1641539.jpg

先週、用があり下北沢に寄ったときに見つけたワンピースたち。風が吹くとひらひら舞います。

半額がさらに20%引きになったり、閉店SALEだったり(下北はたまにしか行かないけど、花柄のワンピースを見つけたお店は素敵なアンティークの洋服があったので無くなるの残念)500円や600円とうれしい価格でした。状態も上々。

3月になったら着れるかな。春がそこまで来ています♪
[PR]
by minako-info | 2010-02-28 16:41 | from mina

とらやの花

f0009984_13564567.jpg

f0009984_13564576.jpg

f0009984_13564528.jpg

f0009984_13564522.jpg

f0009984_13564517.jpg

和菓子の老舗『とらや』の東京ミッドタウン店では、4月13日まで“花の和菓子展”という企画展が催されているそうです。

“絵の参考になるかな‥”と姉がくれたパンフレットを眺めていると、とらやの職人さんが描いたであろう数々の和菓子の絵と、四季のお菓子がほんとうにため息が出る。小さな一つのお菓子に季節がギュッと込められている。淡く可愛らしいのに凛としている。

[PR]
by minako-info | 2010-02-27 13:56 | from mina

五木のつけ麺

f0009984_23262328.jpg

f0009984_23262399.jpg

『バリューローソン』で買える五木のつけ麺がおいしい。

麺シコシコで濃厚魚介豚骨スープ。100円とは思えない本格的な味です。

浅草キッドの水道橋博士もハマっているとか。(人から聞いた情報‥)
[PR]
by minako-info | 2010-02-26 23:26 | from mina

なつかしいイラスト

f0009984_11401588.jpg

f0009984_11401578.jpg

f0009984_11401530.jpg

下北沢にある雑貨屋さんの「木曜館」で見つけたメモ帳と包装紙。昭和のかおり。

ここのお店は、アンティークのテディ・ベアやセルロイドのお人形や昭和のかおりがするものがたくさんあります。

ここに来ると久世光彦さんのドラマや文章の空気や、こどもの頃を思い出す。

はっきりしたキャラクターではないけど、ふわっとやさしいイラストがいいな。なごむ。

自分が絵を描くときに無意識に選ぶ色は、こどもの頃に身近にあったイラストたちから影響を受けている気がします。
[PR]
by minako-info | 2010-02-26 11:40 | from mina

アイスクリーム

f0009984_11204493.jpg

ある日とつぜんアイスクリームが食べたくなります。からだが感じる春の訪れ。

東京は梅が満開で4月のようなお天気になって来ました。2月の雪が続いた日々がうそのよう。

写真のアイスは、ケンタッキーのカフェ・モカ。下のコーヒー味のフローズンアイスと上のクリームが合わさると美味。
[PR]
by minako-info | 2010-02-26 11:20 | from mina

まんまる

f0009984_20173919.jpg

きょうの夕暮れは、びっくりするくらいまんまるでした。たまごの濃い黄身のような色。
[PR]
by minako-info | 2010-02-23 20:17 | from mina

うみがめまんじゅう

f0009984_1416273.jpg

小笠原諸島のおみやげ。うみがめまんじゅう。うみがめの形。
[PR]
by minako-info | 2010-02-22 14:16 | from mina

フローズン・リバー

f0009984_1633288.jpg

f0009984_1633254.jpg

f0009984_1633231.jpg

f0009984_16332100.jpg

f0009984_1633220.jpg

いまいちばん観に行きたい映画「フローズン・リバー」。

コリー・ハント監督は、45歳にして初長編監督で08年にサンダンス映画祭でグランプリを受賞した。今年ようやく日本で公開されています。

企画から10年がかりで完成させたこの長編映画は、田舎町で3歳の娘さんを育てながら資金集めをし苦労を重ねて完成させた映画だそうだ。

深夜にテレビで予告篇を観たとき、大好きなジョン・カサウ゛ェテス監督の映画を彷彿とさせた。シリアスな内容だけど、きっと好きな映画になりそうだと感じた。

コロンビア大学で映画を学び、ポール・シュレイダー監督らに師事したコートニー・ハント監督は、南北戦争を生き延びた女性が主人公の短編映画なども監督した骨太で肝っ玉の座った女の人。

遅咲きのデビューについての質問に「私自身、長編を撮るまでに長い時間がかかった。でも、それは時間をかける必要があったのだと思っている。人生、どんなことにも近道はないのよ」

地道で地味な毎日で心身ともにクタクタになって腐りそうな日もあるけど、情熱の火は消さないぞ!とコートニー・ハント監督のことばに、そっと後押しをしてもらった気がした。

☆☆東京は1月30日からシネマライズで上映されています。ちなみにシネマライズは、火曜と日曜の最終回は千円で観れます☆☆
[PR]
by minako-info | 2010-02-21 16:33 | from mina

梅にうぐいす

青山霊園を通ったら、満開に咲く梅の木にうぐいすが止まっていました。かわいかった。
[PR]
by minako-info | 2010-02-21 13:09 | from mina

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧