<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

青山墓地の桜

f0009984_22483558.jpg

ここ数年。毎年見れてる青山墓地の桜。
通過するだけですが‥。

きょうは残念ながら曇天で寒い1日でした。秋に通ったときは葉っぱだけなのに桜餅の匂いがしました。

となりにいる人と、いま桜餅の匂いしませんでした?と同時に言いました。

ここを通ると、なぜか江戸時代を感じる。
江戸っ子たちがお花見している姿が浮かぶ。

曇天の桜も嫌いじゃないです。桜で曇り空もライトアップされるみたい。

桜の頃は墓地もうれしそう。

[PR]
by minako-info | 2013-03-31 22:48 | from mina

今年の桜

f0009984_2124089.jpg

f0009984_2124076.jpg

f0009984_2124063.jpg

f0009984_2124050.jpg

f0009984_2124092.jpg
アパート近くにある公園の桜。
もうだいふ散っていました。

帰り道に夜桜は見れたけど、きょうは暮れる前に見れてよかった。

1本だけ咲くのが早かったのか、大好きな葉桜が見事な木もありました。

19歳の頃から見ている桜。

景色も色んなことは変わるけど、桜は変わらず咲いてくれる。

[PR]
by minako-info | 2013-03-29 21:02 | from mina

バラの花束

f0009984_22335822.jpg
バラの花束をいただいた。
香りがいいな。
花が部屋にあるとうれしい。


[PR]
by minako-info | 2013-03-27 22:33 | from mina

心の中にいる

先日、うれしいメールが弟の奥さんで妹から届いた。

きょう3歳になったばかりの甥っこが、きょうは美ん奈子いるよ~!と言ったり、美ん奈子、もうごはん食べたかな~!と話すそうだ。

甥の心の中に、わたしがいるようですと書いてくれていた。


生まれてから自分のことを気にかけてくれた人のことをよく思い出す。

いま2つの治療が重なり辛いと感じるときがある。

気にかけてくれたことは時が経っても無くならず力をくれる。

出会ったこどもたちにたくさんの光をもらったことを思い出す。


甥っこがときどき思い出してくれるだけでうれしい。
[PR]
by minako-info | 2013-03-24 23:44 | from mina

釜石小学校校歌

小学校の校歌と賛歌の歌詞が好きだった。

学校名は一つも出てこないのに、山の中にあった木造平屋の校舎と裏の森からカッコーが鳴いている光景が目に浮かぶ。

ときどき口ずさむ。

歌詞とメロディーが大げさなことは何も言っていないのに、生きていく勇気をくれる。

小学校が楽しかったとか、そんなことは抜きでいい詩だ。

中学校と高校の校歌の歌詞はぜんぜん思い出さないのに。


岩手県の釜石小学校の校歌の歌詞を作家の永六輔さんが紹介していた。

それを黒柳徹子さんが朗読している番組を見た。

東日本大震災で最も被害のあった地域にある小学校だったのに、ひとりの犠牲者も出さずに釜石小学校のこどもたちは、この校歌をみんなで歌いながら裏山に避難したそうだ。


作詞は劇作家の井上ひさしさん。

作曲は宇野誠一郎さん。

「ひょっこりひょうたん島」のオープニングテーマ曲を作ったお二人。

3番まであるが、1番の歌詞が心に刺さった。


いきいき生きる いきいき生きる

ひとりで立って まっすぐ生きる

困ったときは 目をあげて

星を目あてに まっすぐ生きる

息あるうちは いきいき生きる

[PR]
by minako-info | 2013-03-24 23:44 | from mina

春のことり

f0009984_13132488.jpg
東京は桜のつぼみがふくらんできました。
春色のフェルトでことり髪留め。
1歳の姪っこにプレゼントしたくて作りました。

[PR]
by minako-info | 2013-03-15 13:13 | from mina

ムーンライズ・キングダム

f0009984_03251100.jpg

f0009984_0325152.jpg

f0009984_0325194.jpg
ぽっかり空いた時間に観たかった映画を観ました。

舞台は1965年のアメリカの小さな島。

過激もウェス・アンダーソン監督の手にかかると静かな味わいになる。

「小さな恋のメロディー」を彷彿させるような主役の男の子と女の子は、これが初の映画になる素人だった2人。

よかった。

脇をかためる俳優さんが好きな俳優さんが多くてうれしかった。

いつもと違う静かな演技のブルース・ウィルス。生真面目なとぼけた演技が光るエドワード・ノートン。ボブ・バラバンもフランシス・マクドーマンドもビル・マーレイも登場人物がみんな魅力的だった。

何でもないさり気ないセリフもないような通り過ぎるシーンに懐かしい気持ちが沸いてきた。

ボーイスカウトで生きる術を身に付けて好きな女の子と一緒に危険にも勇気を持って進む男の子にグッときた。

術を身につけるでは無いけれど、いま新しい治療を受けている自分は生きていくための術を学んでいるような気が毎日しているからグッときた。

いつだって映画も本も音楽も、どうしても今の自分と重ねてしまう。

ウェス・アンダーソン監督の映画は、あいかわらず音楽の使い方も絶妙でカッコよかった。

渋谷の映画館は、あと2、3日で上映が終わるらしい。

スクリーンで観れてしあわせでした。

[PR]
by minako-info | 2013-03-13 00:32 | from mina

祈り

きょうは仕事をしながら大震災の日のことを思い出していました。

お昼寝しているこどもたちを必死で避難させたこと。

被災地は大切な人たちのご実家もあり友だちのご家族の安否が心配だったこと。

帰宅難民になったわたしは自宅に帰れず職場の同僚のお家に泊まらせてもらったこと。

青森の実家や大切な人たちともなかなか連絡がつかなかった。

中学1年生の春。

マグニチュード7・9という日本海中部地震に遭い学校が全壊して3年間プレハブ校舎で過ごした経験がある。

地震の恐ろしさを全身で知っていると思っていたが、東日本大震災の想像を絶するニュース映像に震えが止まらなくなった。

まだまだ被災地の東北はほんとうに大変なままです。

東北の震災に遭われた皆さまが体や気持ちをちゃんと守れる環境がどうかありますように。

すこしでも安らかな気持ちで毎日を過ごせますように。

しっかりとした復興が早く必ず叶いますように。

亡くなった方々のご冥福を心からお祈り申しあげます。

[PR]
by minako-info | 2013-03-11 23:58 | from mina

春一番

f0009984_20182137.jpg

きょう春一番が吹きました。
大切なお友だちに贈りたくて作ったモールのとり。

[PR]
by minako-info | 2013-03-01 20:18 | from mina

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧