<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あまちゃんの半年間

f0009984_2041872.jpg

f0009984_2041890.jpg

f0009984_2041883.jpg

フリーペーパー「風とロック」7月号。

あまちゃんファンのわたしのために、北三陸鉄道特集号を姉がくれました。

テレビをゆっくり観る時間もなく働き通しの母が、孫が生まれた頃から朝ドラを観てから仕事に出かけるようになった。

こどもの頃は、好きな朝ドラは観てから学校に出かけた。

ハマらないときは自然と観なかった。

「マー姉ちゃん」「鮎のうた」「なっちゃんの写真館」「おしん」、大人になってからは「わたしの青空」「ちりとてちん」「芋たこなんきん」。

もっと観ていたけどタイトルをパッと思い出す作品はこのくらい。

15分という時間がいい。

あまちゃんはオープニングの音楽がいい。初回からからだがをゆすっていた。

弾む音楽と青森に似た岩手の海岸の町の映像は、そのままドラマの期待につながった。

そういえばこどもの頃、父が酔っぱらうと大音量でかけるデキシーランドジャズのレコードから流れるドガジャガしたバタくさい音楽は、当時はうざかったけど東北の風景に似合うと思っていた。

あまちゃんが始まった4月。
人生の奈落にいた。

そのあとの6月と7月の入院。
受けとめきれないような現実が自分のからだにたくさん起こっていた。

からだの痛みは心の痛みに変わり苦痛に包まれた。

本も読めなくなった。

食べれないし、ただ病院のベッドの天井を眺めていた。

そんな中で、小さな携帯にイヤホンをつけて観たあまちゃんの15分が気持ちを明るくしてくれた。朝と昼と2回観た。

東北の人間である自分を、破れた太鼓みたいな自分を15分のドラマの登場人物たちが、これで終わりじゃないぞ、落ちてもまだ大丈夫だ、休めばまた動けるぞと小さな希望をくれた。

落ちこんでいても面白ければアハハと笑う自分がいる。

「北の国から」も、どうしようもない現実に生きるこどもの自分に、綺麗事じゃない雪国の暮らしに希望をくれたっけ。

しんどいことの中に真実はあるし、美しさも楽しさもある。

さて、あまちゃんがあと1週間で終わる。

キツい半年間を、あまちゃんの明るさに助けられた。

最後まで楽しもう。


*岩手の舞台になった辺りで生まれ育った友だちのことをよく思いだしていた。お元気ですか〜

脚本の宮藤さんや音楽の大友さんや、出演者さんの箭内道彦さんのインタビューも読みごたえありでした。

あまちゃんファンのコメントも共感。美術作家の奈良美智さんのあまちゃんの絵もロックでかっこよかった。

[PR]
by minako-info | 2013-09-21 20:04 | from mina

コインランドリー

f0009984_211730.jpg

最近のこと。

東京は夏真っ盛りのなか退院したら、どうやら暑さにアパートの部屋の使いこんだ電化製品たちが参ったようで見事にみんな動かなくなりました。

洗濯機もそのひとつ。

昔ばなしに出てくるおばあちゃんのように夏の間は100均で購入した洗濯板で手洗いをじゃぶじゃぶしていましたが、桃がどんぶらこと流れて来ることも無く、手の皮が剥けて、秋に近づいては生乾きの匂いだけを残すようになり・・

エスパー伊東が入るくらいの黒いバックを抱えてコインランドリーへ仕事が終わった夜とか行くわけです。

だいたい利用しているのは男性。
いつもちょっとビビります。

ふだん飲まない缶コーヒーを小銭作りたさに飲んだりしてます。

[PR]
by minako-info | 2013-09-18 02:01 | from mina

上野のゲームセンター

f0009984_19833.jpg

奥にこんなUFO キャッチャー発見。

必死な走りから目が離せなかったパンダ、選ばれし者。


[PR]
by minako-info | 2013-09-11 01:09 | from mina

上野のゲームセンター

f0009984_0582270.jpg

f0009984_0582221.jpg


f0009984_058239.jpg

とある日。

人の見送りで上野へ。

ゲームセンターの入り口。

パンダ、存在感を放っていました。
[PR]
by minako-info | 2013-09-11 00:58 | from mina

松ぼっくりパーティー?

f0009984_0495478.jpg

[PR]
by minako-info | 2013-09-11 00:49 | from mina

セミの葬式

f0009984_0463846.jpg

東京はまだ暑いけど秋の気配。

3歳の男の子と1歳の女の子と69歳の女の子がこしらえたセミの墓。

ボロいけど、いい。
[PR]
by minako-info | 2013-09-11 00:46 | from mina

絵と刺し子

f0009984_23545044.jpg

物をいっぱい捨てた。

自分の作ったものも捨てた。

でも残るものもある。

少しは残るものもあるんだ。
[PR]
by minako-info | 2013-09-03 23:54 | from mina

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧