mina*info minainfo.exblog.jp

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

うたうひと

f0009984_58586.jpg

f0009984_58551.jpg

f0009984_5853.jpg

現在、アップリンク渋谷で公開されている東北記録映画3部作。

「なみのおと」「なみのこえ」「うたうひと」。

ここに、被災の風景はほとんど現れない。あるのはただ、語ること、そして聞くことだ。今、もっとも忘れてはならないひとつの態度を、この三部作は語りかけようとしている。

酒井耕・濱口竜介監督作品。


写真の映画は、先ごろおこなわれた山形国際ドキュメンタリー映画祭2013で「うたうひと」が受賞されたそうです。

「うたうひと」は、みやぎ民話の会の語り手と聞き手を創造的なカメラワークによって記録した映画。

19日に出演させていただいた「新世界」のライブが終わって、たいへんうれしいお声をかけてくださった方が制作された映画と知りました。

わたしがこどもの頃から魅了された青森の昔話も、それぞれの地方に残るお話しは、古来から口伝えで人々に受け継がれてきたもの。

そこには、人々の今も変わらない思いもあれば、人々が生きるうえで大切なことが詰まっているように感じる。

ご先祖さまと会話しているような、すぐそばにいてくれるような不思議な安心感がある。

3がつ11にちを経験したみやぎ民話の会の「語り手」の人たちの静かで温かい語りを、ぜひスクリーンで味わいたい。

そして、語る人だけじゃなく「聞き手」がいることで受け継がれてきたことも忘れない。

ご興味がおありの方はぜひ映画館で。

下記、上映の映画館になります。


*渋谷アップリンク*

http:// www.uplink .co.jp

渋谷区宇田川町37−18トツネビル2階

TEL 03−6825−5503
[PR]
by minako-info | 2013-11-24 05:08 | from mina
f0009984_18284883.jpg

f0009984_18284814.jpg

f0009984_1828487.jpg

11月19日(火)の新世界のライブ。

満員御礼。

階段までぎっしりのお客さまが観に来てくれました。

ほんとうにほんとうにありがとうございました。

うれしい一夜でした。

ライブはいまのぜんぶで伝われと思って語りました。

ダブの演奏がほんとうに渋くてかっこよくて、練習より本番がいちばん集中して演奏と気持ちよく重なれた気がします。

津軽ことばは、ドイツ語、フランス語、ハングル語、いろんな国のことばと響きが似ているようです。

ライブでご披露した話しは、津軽地方の下木造の明治時代の津軽ことばです。

もしかしたら青森に住む若い子にもわからない津軽ことばかもしれません。それぐらいキツい津軽ことばです(笑)

詩人の白石かずこさんの語りもファンキーでチャーミングな語りでした。聞けてほんとうにうれしかったです。

懐かしい人と再会したり新しい出会いがありました。

白石さんに、まだわたしの半分の歳じゃないと言われたこと忘れないでいたいと思います。

ライブが終わってからもたくさんの方に声をかけていただき、皆さんが語りで感じたことを興奮気味に話してくださって何よりのご褒美でした。

出来る限りの精進をしていこうと心から思いました。

この夏の入院でむずかしい病気が見つかったとき、作ることは気力と手が動けばまだ続けていけると思いました。

だけれど語りは正直いままでみたいに出来なくなるのかもしれないと思いました。

それでも続けていきたい気持ちだけは絶対に無くなることがありませんでした。
苦しかった。

今回のライブはほんとうに挑戦でした。

だから、思いっきりやった。

よくわからないけど、めちゃくちゃうれしかった!!

津軽ことばだと、たげうれしがった。

まんずまんず、がっぱうれしがった。

ライブ後、ゆっくりお月さまを見て歩いて家に帰りました。

大げさでなく生きているよろこびを感じた。

戦い終わったボクサーみたいな体調だったけど、ゆっくり道端でときどき休みながら歩いて帰りました。

あぁ!うれしいよ〜!ありがとう〜!生きてるとこんなにうれしいことがあるのか〜!と口に出して帰りました。

お越しくださったお客さま、今回のライブの機会に出会えたすべての皆さまに心から感謝申しあげます。

ありがとうございました。

もっと語れる話しをたくさん増やしたい。自分から出たことばも語りたい。そして生きていられる限りは続けていきたい。

さかのぼること7歳のとき。

親に本屋さんで買ってもらった青森のむかし話の本に夢中になってから35年が過ぎました。

小学校で昔話クラブを先生に頼んで作ってもらって、津軽に伝わるむかし話を話せるおじいちゃんおばあちゃんを訪れて話を聞いた時間。それを真似て語りはじめたのが語りの原点だと思う。

とつとつと話す昔話、なんであんなにはまったのだろう。

保育園で毎日こどもたちと楽しんで話していた絵本の読み聞かせも、どれだけ鍛錬になったのかと思います。

夢中でおじいちゃんおばあちゃんのむかし話を聞いていたこどもの頃から、わたしの読み聞かせや語りをこどもたちが聞いているときのとびっきりの笑顔や可愛いいろんな反応がいまも自分の力になっています。

そして、いままでライブの機会をくださった全ての皆さまに心から感謝の気持ちでいっぱいです。

死んぢゃったけど心にいつもいる大好きな人たちにありがとうと伝えたい。

19日、新世界のライブを忘れません。うれしかった気持ちを忘れません。

からだかならず良くなりたい。

また皆さまと出会える機会が訪れる日を楽しみに待っています。

どうもありがとうございました。


        みつはしみなこ









       
[PR]
by minako-info | 2013-11-21 18:28 | from mina
f0009984_20674.jpg

f0009984_2063.jpg

大好きなアメリカの絵本作家、バーバラ・クーニー。

その中でもとくに好きな2冊を訳した“しらいしかずこさん。”

“わたしは 生きてる さくらんぼ”と ちいちゃな女の子が うたいます。
“まいあさ わたしは あたらしくなるのよ”

生きるよろこびをたたえる、ちいちゃな女の子の祝福の絵本。

開くたびにうれしくなる絵本。

11月19日(火)の新世界のライブ。詩人の白石かずこさんの朗読を体感できることをたいへんうれしく思っています。

わたしも気負わず楽しんで語れたらと思います(*^^*ゞ

午後7時開場で、8時開演になります。

どうか素敵な時間になりますように。.:*:・'°☆

下記のU R Lからライブ当日の情報に飛べます。

http://shinsekai9.jp/2013/11/19/dubpoet1/

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

       みつはしみなこ
[PR]
by minako-info | 2013-11-18 02:00 | from mina

化粧廻し

f0009984_16403637.jpg

f0009984_16403696.jpg

f0009984_16403642.jpg

f0009984_16403697.jpg

大相撲中継の時間経過が心を落ちつかせる。

こどもの頃から相撲を観るのが好きな実家だったから、からだに子守唄みたいに刷り込まれてしまっている。

化粧廻しを見るのも楽しみ。

西前頭七枚目の遠藤、髷がまだ結えませんが相撲キレキレです。ブラジル出身の魁聖も元気。

舞の海は母校である高校の先輩で姉と同じクラスだったこともあり、ずっと応援してきました。

現役の頃の小さいからだを駆使して大きい力士に立ち向かう姿は生きる勇気をもらった。凄かったなぁ。

解説者としてもうまい。

きょうは同郷の高見盛がふりわけ親方となって解説者をしていたのですがハラハラした(笑)

ちょっとトンチンカンな例えを言っていたけど、相撲と同じで一生懸命。

相撲を取る前はお客さまの歓声がまったく聞こえないほど、それほど集中していたそうだ。

舞の海なら一寸法師、相撲に金太郎や桃太郎のおとぎ話も感じる。

いつまでも大相撲が続いてほしい。
[PR]
by minako-info | 2013-11-16 16:40 | from mina

森本美由紀さんの電話

イラスレーターの森本美由紀さんが先月お亡くなりになったことを知った。

54歳は若すぎる。

昔持っていたピチカートファイブのCD ジャケットも森本さんのかっこいい絵だった。


1度だけ森本美由紀さんご本人からお電話をもらった思い出がある。

20代後半の頃、ある芸術家のモデルをしたときの雑誌の写真を見て気にいってくれたようで、その撮ってくださった方も森本さんにわたしを推薦してくれたそうで“突然お電話してごめんなさい。〇〇さんからお電話番号をお聞きしました。森本と申します”とおっしゃった。

イラストレーターの森本美由紀さんとはまさか思っていなかったわたしは、〇〇さんのお知り合いなら大丈夫かなと思いながら話しを聞いていた。

だんだん話しの内容から、いま話してる森本さんは、あのイラストレーターの森本美由紀さんだと分かり急にドキドキしてきた。

絵を学んだ美術学校の大先輩でもあり、その頃も飛ぶ鳥を落とす勢いで大活躍されていた森本さんがとても気さくで話しやすく、卒業した美術学校の先生の話しをしたり笑って話した記憶がある。

電話の内容は、森本さんが当時先生をされていたイラストレーターの卵たちが通う学校の森本美由紀クラスの絵のモデルを1年間引き受けてくれないかという依頼だった。

その学校は出来て間もなく、いまは絵本作家で大活躍されている荒井良二さんや色んな魅力的な先生がたくさんいるイラストレーター養成学校だった。

当時、ちょうど映画のオーディションに受かり撮影が地方で行われ半年近くいつ呼ばれても行けるようにしておかなくてはいけなくて、泣く泣くお断りした。

森本美由紀さんの描くスタイリッシュでスレンダーで綺麗な女性を1年間出来る自信もなかった。

それでも1度だけでもいいから森本美由紀さんの絵の中の女の人になってみたかったなぁ..

お電話で1度話しただけだけれど、森本さんからの依頼がすごくうれしかったです。

そのあと可愛いイラスト入りのお葉書をいただいた。こんど一緒にお茶をしてくださいと書いてくださってほんとうにうれしかったです。

良い思い出をどうもありがとうございました。

森本美由紀さんのご冥福を心からお祈り申しあげます。

[PR]
by minako-info | 2013-11-02 04:11 | from mina
11月19日(火)の新世界でおこなうライブ情報です。

出演者もお1人増えたそうです。

練習に参加したら面白くなりそう。かっこいい音。しびれる感じだ。

自分の表現力がまだまだ。試される。馬鹿になるというか、とことんやりたい。

下記のU R Lからライブ当日の情報に飛べますので詳細をチェックしてみてください。

http://shinsekai9.jp/2013/11/19/dubpoet1/

11月19日(火)の夜、六本木の新世界へぜひとも観に来てください。


[PR]
by minako-info | 2013-11-01 04:12 | from mina

新芽

f0009984_35626.jpg

カポックにも新芽を発見(*´-`)


**花言葉**
とてもまじめ。
[PR]
by minako-info | 2013-11-01 03:56 | from mina

3日前

f0009984_3554948.jpg

また1つ歳を取りました。

きょうまで生きてこられたのは奇跡に近い。これまで力をくださったすべての皆さまに心から感謝しています。ほんとうにありがとうございます。

この一年間はとことん苦しんだ。からだも苦しんだ。だけど、辛くてもわかって良かったこともたくさんあった。

まだまだこれからどうなるかわからないことを抱えているけれど、精いっぱい楽しんで生きれたらと思う。

今年もとてもうれしい誕生日をどうもありがとう💖

[PR]
by minako-info | 2013-11-01 03:55 | from mina