<   2014年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

新世界ライブ情報

2月15日(土)の出演させていただくライブ情報が、下記の「新世界」のサイトからご覧になれます。

よかったらご覧くださいませ。

http://shinsekai9.jp/2014/02/15/dubpoet2/
[PR]
by minako-info | 2014-01-28 21:11 | from mina

初詣

f0009984_2185730.jpg
遅ればせながら初詣もしました。

新年を迎えられたお礼と、みんなの健康としあわせを祈ってきました。

久しぶりにおみくじを引いてみた。
内容がうれしかった。

大切にお守りにします。
[PR]
by minako-info | 2014-01-28 21:08 | from mina

甘酒

f0009984_20141395.jpg
つづき。
晩ごはん前なので、おでんはがまん。甘酒を飲みました。からだぽかぽか。

[PR]
by minako-info | 2014-01-28 20:14 | from mina

縁日

f0009984_20102933.jpg

f0009984_2010295.jpg

f0009984_20102985.jpg

f0009984_20102919.jpg

帰り道。

東京でいちばん好きなお寺で縁日していました。

梅が綺麗に咲いていました。

うれしい寄り道。
[PR]
by minako-info | 2014-01-28 20:10 | from mina

べつにめでたくもなく

f0009984_5375798.jpg

f0009984_5375867.jpg

六本木「新世界」で、こだま和文さんのライブを観ました。

トランペットの演奏しびれた。
歌が胸にひびいた。

ライブでいろんな話しをするところも、なまはげになって語るところも、合間にお酒を飲むところも、鼻水を大きな手ぬぐいでかむところも、ぜんぶひっくるめてこだま和文の世界になる。

他者のしあわせを願い、世の中の理不尽なことを憂い、死者に思いを寄せる。

生誕記念ライブとなっているけれど、心から"べつにめでたくもなく"と思っているのがタイトルになったとM C で話されていた(笑)

たしか19歳のときにこだまさんと初めてお会いした。20年前にわたしが死にそうになったときの病気のことなどをきのうのように覚えていてくださって、今のからだのことを気づかって言葉をかけてくださった。

こだまさんがかけてくれた言葉を忘れません。ありがとうございます。
観れてほんとうによかった。

缶バッチの絵と字もこだまさん。

[PR]
by minako-info | 2014-01-26 05:37 | from mina

代々木公園

f0009984_0263716.jpg

f0009984_02637100.jpg
日中はポカポカと暖かい東京でした。

すこしずつ、アリンコの1歩だが良くなっているようだ。

うれしい。

アリンコの1歩でもうれしい。

よくアルバイトの休憩や時間をつぶしていた代々木公園で、ひと休みしました。

ポカポカのお日さま、からだにごちそうだった。

[PR]
by minako-info | 2014-01-24 00:26 | from mina

カンロ飴

f0009984_23441526.jpg

f0009984_23441551.jpg

いろいろな飴があっても昔から好きなものに落ちついてしまう。

カンロ飴もそのひとつ。

カンロちゃんとカンロちゃんママの絵もかわいい。

袋のうしろに書かれているひと粒のメッセージもよい。

大寒のきょう。
東京もとても寒いです。

皆さま、どうかお風邪など召さぬよう。
[PR]
by minako-info | 2014-01-20 23:44 | from mina

あなたへ

f0009984_0282331.jpg


テレビをつけたら、エレファントカシマシの宮本さんが新曲を歌っていた。

病気を回復させての完全復活。

完全では無いんだろうけど、練習風景の全力っぷりと、復活のコンサートの全力っぷり。

「あなたへ」という新曲を歌う宮本さん。

詩と歌がぜんぶ沁みるように入ってきて気づけば涙と鼻水が出ていた。


病気の場所はちがうけど、いちばん大事に使っていきたい、いちばん働いてくれているからだの場所が難しい病気になったとき、症状の苦しさもあるけれど、それが治らないで生きていくこともあると覚悟を決めた絶望感。

命は限りがあること、いまやれることを全力でやること、その中に希望が生まれてくること。

かならず光は見えてくること。

新曲を演奏するエレファントカシマシと、宮本さんの穏やかな歌声に背中を押されるような、さすってもらっているような気がした。




[PR]
by minako-info | 2014-01-18 00:28 | from mina

小豆粥

f0009984_78512.jpg

きょうは小正月。

地方によっては女正月ともいう。
この日だけは年中忙しい女の人が堂々とゆっくり休ませてもらえた。

そういえば向田邦子さんの随筆にも女正月という題があった。

こどもの頃。たしか小正月の頃に、毎年TBS で放送する久世光彦さん演出の向田邦子新春スペシャルのドラマが大好きだった。

母と兄弟たちと毎年楽しみに観た記憶がある。

ナレーションは久世さんと向田さんとも仲の良い黒柳徹子さんがいつも担当していて、普通のナレーションでは無いような黒柳さんがぐっと感極まって涙声や鼻声になるのがわかった。その声につられるように涙が出た。

横を見ると母がぐちゃぐちゃに泣いていて、こどもたちは泣きすぎだと突っ込んで、みんなで大笑いする。

ふだん弱音を吐かない泣き顔なんて絶対見せない母が、ドラマを観たときだけはよく泣いていた。

水戸黄門も毎週泣いていた(笑)

向田ドラマに出る役者さんたちは、みんな色っぽいんだよなぁ。

向田邦子さんの随筆がまず色っぽい。


小正月に小豆粥を食べると、風邪知らず。と昔から云われている。

昨晩のコンビニの赤飯おこわのおにぎりを食べそこねて、小豆粥にしました。

もち米だからもちもちのお粥さん。

塩気がちょうど良く、なかなかの朝ごはん。




[PR]
by minako-info | 2014-01-15 07:08 | from mina

この冬のニベア

f0009984_6224025.jpg

こどものときから冬の定番。
ニベアクリーム。

大きい缶のクリームは、皮膚の乾燥が今年はひどくて、お風呂あがりにすりこむように塗っています。

水仕事や消毒液で去年まではぱっくり割れていた手指は、よくなってきた。

母の手は、働き通した節ばって曲がった平べったい農家の手だ。

マニキュアを塗ったところを一度も見たことがない。

綺麗なネイルで着飾った指先も美しいけれど、この頃、働いて荒れた手の女の人を見ると、とてもいとおしい気持ちになる。

手を透かした中まで美しく見える。

[PR]
by minako-info | 2014-01-15 06:22 | from mina

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info