mina*info minainfo.exblog.jp

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧

おりがみ

f0009984_23581892.jpg

f0009984_23581848.jpg

f0009984_23581841.jpg

夜眠る前におりがみを少しずつ折っていたらいっぱいになりました。

恐竜好きのおいっこに前にいろいろ恐竜を折ってあげたら、また折ってほしいと何度も言われたのに折り方をすっかり忘れてしまい、キツネの折り方をおいっこに習ったくらいでした。

めいっこはピンク色とハートやリボンが最近は大好きだから女の子っぽいおりがみ。ちょうちょも好きだしドレスやスカートも折りました。

おまけのつもりで千羽鶴用の小さいおりがみで同じものを折りました。

絵を描くのが好きなふたりに絵を描いて遊べるかなと1枚は絵を描いて、ふたりのおりがみは絵を描かずそのまま。ラムネのビー玉はふたりに1個ずつ。裁縫に使ってた色とりどりの小さな鈴を前にあげたら、今も宝ものにして大事にしていました。

おりがみ、手先を使うのでこどもの脳の発達や知育に良いと言われている遊びですが、大人のわたしにもとても良い。無心になれます。

あした手紙と送ります。

[PR]
by minako-info | 2015-06-30 23:58 | from mina

6月の花火

f0009984_9343892.jpg

f0009984_9343864.jpg

f0009984_9343822.jpg

f0009984_9343897.jpg

f0009984_9343879.jpg

3歳の女の子撮影。

去年の夏の花火が残っているから、東京にもどる前夜にこどもたちと花火をしました。

朝にお父さんにみなこと夜に花火しようねと言われて心待ちにしていたこどもたち。

お風呂からあがるともう始まっていて、めいっこはお母さんに抱っこされている。

あれ?やらないの?とめいっこに話しかけると、花火を持つのが危なっかしいのでお父さんにおしえてもらって花火をやっていたら、もういい!となって抱っこされてお母さんと見ていたらしい。

わたしが携帯のカメラで写真を撮っていると撮りたいみなこ貸してと3歳のめいっこがパシャパシャ撮り始める。

キャハハー!ワ〜〜!オーー!と感嘆の声をあげて、ごきげんになり50枚以上は花火が写っていました。

ときどき花火じゃない方向も撮っていたり、大人顔負けのはっきり写っている写真もありました。とくにお兄ちゃんであるおいっこがいちばん多かった。

ぼんやりめの5枚。

花火をした夜、空を見上げると津軽の空は満点の星。空気が澄んで夜空は地球の形に見えました。

北海道と日本のどこかに往来する飛行機も流れ星のようにいくつも見えて、こどもたちは指さしている。

6月の津軽の夜はまだ肌寒かったけど、みんなでやる花火は楽しかった。

[PR]
by minako-info | 2015-06-30 07:34 | from mina

青森の艶笑譚

f0009984_1363898.jpg

弘前を歩いていて“艶ばなしの本、ここはいっぱいありそう!!”と友だちに話して古本屋さんに入った。

弘前は学生の街なので例えば医学部の学生が通うような医学専門書が充実する古本屋さんもあるし、本屋さんにそれぞれ特色がある。

勘で入った古本屋さん、入り口の本棚にずらりと艶笑譚の本が並んでいました。友だちがわたしの嗅覚を感心して話してくれていたところに店内に入らずに当てたから“何でわかるの〜?”と驚いていた。

7月の新世界の艶ばなしのライブが近づいてエロ嗅覚が敏感になっているのかなぁ。。
(>_<;)

艶ばなしの本をいろいろ読んでいます。アマゾンで選んだ青森の艶笑譚3冊。昔ばなしでは無く体験談みたいな本もあって思ったものとちがった本もあったけれど、人生の先輩たちは性に開放的だったなぁ..と思って読みました。女がうれしくなるような艶ばなしをもっと見つけたい。

十和田市出身の作家が書いたまん中の本は、表紙の女のイラストを描いたのは世界的に活躍した青森県出身の版画家の棟方志功。

女性美の崇拝者でもあった小説家の谷崎潤一郎の本の装丁や挿画を担当した棟方志功。版画のふくよかな女神や仏さまのような女たちが小説に映えた。

[PR]
by minako-info | 2015-06-28 13:06 | from mina

福笑い

f0009984_1241157.jpg

f0009984_1241186.jpg

f0009984_1241126.jpg

f0009984_1241137.jpg

こどものときに好きだった遊びの一つ、顔ゲーム。何か名前があったと思うのだが、忘れてしまった。

こどもと一緒に遊んでいるとなつかしい遊びをどんどん思い出す。福笑いともちがうけど、顔が完成するとみんなから笑いが起こるから福笑いに似てる。

初めて一緒にやったけど、おいっこがいたく気に入ったので出かけている間に外玄関にある黒板に顔ゲームを描いておいた。

黒板は一緒に暮らした祖父が小学校の校長を最後にした学校から退職のときに記念にもらって来たらしい。

こどものときはおじいちゃんの座る定位置のうしろに置いていた。80歳を過ぎてから目の病気で盲目になってしまったけれど、小さいときは祖父から字や算数を教えてもらった。友だちが来たときもローマ字など小学生にはすこし背伸びしたようなことも教えてくれた。

ノートに髪型やアクセサリーや帽子など細かいところまでこどもの頃は描いていた。ちょっと着せ替えみたいな遊びでもある。ハズレも描かないと盛り上がらないので、面白い顔になるように考えるのも楽しかった。

5歳のおいっこ、まゆげ、目、口とパーツを選んで組み合わせて顔を作っていく遊びがわたしの説明がよくわからなかったようで最初はバラバラに描いた。その描いた絵が味がある。黒い色のクレヨンのタッチが好き。

3番の横にある黒板に前から描かれていた四角のは何?と聞いたらお弁当でした。よく見て中味がおにぎり、ブロッコリー、イチゴ、みかん、バナナとぜんぶ正解。当てられてうれしそうなおいっこでした。

[PR]
by minako-info | 2015-06-28 00:24 | from mina

夏の麺料理

f0009984_12441.jpg

f0009984_124479.jpg

残っている食材で料理を作っていたら、乾麺率が高い。むし暑くなると食欲が落ちたりするので麺でも栄養を取れるようにしたい。

《納豆とひじきのぶっかけそば》
麺を茹でるときに乾燥ひじきも入れる。ねぎと白ごま、納豆は塩を入れてしっかり混ぜる。そばにはもちろん、納豆にもわさびが合う。この日は1パックだったけど半量くらいがちょうどいい。

《ピーマンとしめじと切り落としチャーシューのそうめんチャンプル》
野菜と焼き豚を炒めるときに塩すこし。味付けはめんつゆとおしょうゆ。黒こしょうを最後に振る。紅しょうがは彩りに入れました。どんな材料もおいしいので、そうめんチャンプルはけっこう好き。

[PR]
by minako-info | 2015-06-28 00:23 | from mina

ラムネ

f0009984_10263424.jpg

f0009984_10263465.jpg

3歳の姪がラムネを飲んだんだよ!と大切に取っておいた空のビンを見せてくれた。まだ炭酸は飲めないらしく、ひと口でしかめっ面になり中味は親にあげたらしい。

ビー玉をガラスに当ててカランコロン♪とときどき鳴らしながら、まだ出てこないんだよね〜!と笑顔で話している。ビー玉がいつか出て来ると思っている3歳の女の子に胸がキュンとしました。

東京がものすごく暑い日にラムネを飲みました。こどもの頃は駄菓子屋さんで夏になるとラムネをよく飲んだ。

暑い日に飲んだラムネは容器がガラスでなくペットボトルのような厚めのプラスチックだったので分解してビー玉を取り出しました。

洗ってビー玉を取っておいたので、めいっこに手紙を出します。

[PR]
by minako-info | 2015-06-26 07:26 | from mina

ゆずゼリー etc..

f0009984_1330368.jpg

f0009984_1330340.jpg

f0009984_1330373.jpg

東京は30度を越えたりで毎日暑い。さっぱりするものがほしくなります。今週食べたさっぱり、コンビニのゆずゼリー。下はレアチーズのゼリー。メロンのカップアイスは2個入り100円だけどあなどれない味。ミックスソフトクリームは、近くのスーパーの最上階のフードパークにて。

[PR]
by minako-info | 2015-06-25 12:30 | from mina

津軽弁

f0009984_15443469.jpg

f0009984_15443461.jpg

JR弘前駅でしか買えない駅弁らしい。
名前がダジャレ。

海の幸も山の幸も豊富な津軽の食材が活かされて、かなり美味しそうだった。

帰ったときは弘前でいつも行くお店が何軒かあって、定休日だったり開店してても休憩中だったり、ことごとくフラれた日だった。美味しそうだったから駅弁食べてみようか!と友だちと駅に戻ったら売り切れでした。

いつか食べてみたい。

[PR]
by minako-info | 2015-06-24 15:44 | from mina

津軽の車窓から

f0009984_152464.jpg

[PR]
by minako-info | 2015-06-24 15:24 | from mina

りんご

f0009984_15242137.jpg

f0009984_15242196.jpg

f0009984_15242142.jpg

いろんなところにりんごいる。

美空ひばりの歌にもあるようにりんごのふるさと、津軽はりんごのお菓子や飲みものもたくさんある。

JR弘前駅のキオスクで買ったりんご酢ドリンク。この日は東京を上回る真夏日だったので、街を歩く前にベンチに座って飲んだ。しっかり酸っぱくてさっぱりした。

[PR]
by minako-info | 2015-06-24 15:24 | from mina