<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

横綱 千代の富士

元横綱、千代の富士が亡くなってしまった。去年還暦を迎えた九重親方にいつかどこかでお目にかかれたらいいな..と思っていました。

小学3年生のとき、そろばん塾のテキストのバインダーは千代の富士のシールを貼っていました。80年代のアイドル全盛期の頃に月刊『平凡』『明星』の付録にシールがあるくらい千代の富士は大人気でした。自分の分と友だちもみんなくれたから千代の富士でいっぱいのバインダーがとてもうれしかった。

幕下優勝したときのこともよく覚えています。からだが小さく細かったけれど馬のようなバネのある美しい筋肉をしていた。のちにウルフと呼ばれて狙った獲物を捕らえるような眼と貪欲な相撲。豪快な相撲。横綱までかけ昇り優勝を数多く重ねて、引退するまでの千代の富士はわたしのヒーローでした。そして同じ時代に活躍した力士たちが大相撲の面白さを教えてくれました。

粘り強さとあきらめない気持ち、どん底に落ちてもまた這い上がる力、自分を鼓舞して努力を惜しまず生きる姿勢を大相撲からおしえてもらった。

千代の富士、こどものときからどうもありがとうございました。心からご冥福をお祈り申しあげます。

[PR]
by minako-info | 2016-07-31 21:22 | from mina

うなぎ

f0009984_1429346.jpg

東京も梅雨明けして、夏の暑さも本格的になって来ました。ずいぶんお目にかかっていない大好物のうなぎ。

きょうは土用丑の日。

アンパンマンの生みの親のやなせたかしさんの描いた地元キャラクターの“ 浦和うなこちゃん ”が前からかわいいと注目しています。ストラップがちょっとほしい。着ぐるみがあまりかわいくないのがちょっと残念。

浦和うなこちゃんの銅像を盗んだけしからん泥ぼうがいて、さみしく台座だけになっていたのが、土用丑の日に新しい浦和うなこちゃんの銅像を設置しているニュースをお昼にやっていました。

うなこちゃんは歌も出しているらしく、歌のタイトルが『うなぎ小唄』。渋い。B面が『ヌラヌラソング』。ちょっと夜のうなぎ的なものを想像させなくもないけど、作詩はやなせたかしさん。

ああ、夏が真っ盛りのうちにうなぎ食べたいなぁ。家までの通り道にまさかの2軒並んでうなぎ屋さんがあり、帰り道によく薫りだけ嗅いでいます。

そのときに思い出す昔ばなしがあります。『うなぎのにおい』というお話し。六兵衛さんは毎日うなぎ屋の前を行ったり来たりして、においだけを嗅いで家に帰って、いつもおかずなしのごはんだけを食べています。大みそかにうなぎ屋がお代をもらいに来ました。渡された勘定書きに『うなぎのにおい』と書いてありました。すぐお支払いします。と六兵衛さんは答えて、大きい袋にお金を入れて、ザクザク、ジャラジャラと音だけ聞かせて追い返したという話し。

たまに降りる駅の商店街のはずれに昔ながらのお総菜屋さんがあり、先日お手ごろなうなぎの蒲焼きを見かけたので、またあるようなら酒蒸しっぽくふっくらさせて食べてみよう。

皆さまも夏バテにくれぐれもお気をつけくださいませ。

[PR]
by minako-info | 2016-07-30 12:28 | from mina

☆8月に絵本ライブします。

8月28日(日)、夏の終わりの1日に絵本とピアノのライブを開催いたします。とても素敵な場所でのライブは2回公演を予定しております。夏といえば怪談、演目の中におっかない民話も選ぼうと思っています。詳細等、こちらのブログで随時お知らせいたしますね。ぜひともたくさんのお客さまの心に響くようなライブにしたいと思っております。とても良い機会をいただいてわくわくしています。皆さま、ほんとうにありがとうございます!!どうかよろしくお願いいたします。またこちらで詳細をお知らせいたします。

[PR]
by minako-info | 2016-07-29 23:48 | from mina

すいか

f0009984_04287.jpg

この夏、初めてのすいか。切り売りの小さいすいかだけど夏の味はおいしかった。こどもの頃はすいかの名産地で育ちました。山のほうにある畑はトラックでごっそり盗んで行くようなすいかどろぼうが出たりして、収穫期の夜は大人たちが見回りをして歩いていた。すいかの収穫のお手伝いは夏休みによくしました。まだ梅雨明けしていない東京ですが、暑い日はセミが鳴き出しました。

[PR]
by minako-info | 2016-07-28 00:04 | from mina

ヒグマドーナッツ

f0009984_2332533.jpg

f0009984_23325367.jpg

ときどき通る道で気になっていた6月に開店したばかりの『ヒグマドーナッツ』。通るたびお店の人たちと仲のよいお友だちたちがたくさんいて、食べてみたいと思いながら通りすぎていました。初めはだいたいプレーンを選ぶのにシナモンシュガーにしました。口当たりはしっかりしてるのに中はモチっとした食感のドーナツ。北海道産の小麦粉を使ってフライパンで揚げているそうです。おやつにカフェオレと食べたらよく合っておいしかった。いままではロックフェスなど色んな場所で出店していたそう。もっとふっくらだったのにカバンに紙袋を無造作に入れたらつぶれてしまった。

[PR]
by minako-info | 2016-07-27 23:32 | from mina

覚え書き【3】

f0009984_2311783.jpg

f0009984_2311774.jpg

f0009984_2311760.jpg

東京の好きな美術館と聞かれたら東京都庭園美術館は外せない。きょう図書館に寄って来た帰り際、パッと目についてもらってきた庭園美術館の展覧会のフライヤー。

『こどもとファッション』~小さい人たちへの眼差し~

これは観に行きたいから、覚え書き。

庭園美術館の好きなところに、ただ庭園で散歩も気持ちがよいけれど、額装があります。ほんとうに素敵な額に絵を飾ってくれます。額だけ見てしまうときもある。こどもたちの絵にどんな額を合わすのかな?楽しみ。

いままでいちばん額装でしびれたのは、1998年に開かれたイタリア人の画家、ジョルジョ・モランディの展覧会。派手なところのない静物画や建造物の絵がもともと好きだったけれど、庭園美術館の額装がほんとうに素晴らしかった。装飾の凝っている額もシンプルな額もモランディの絵が際立つように見えた。

そういえば20代の頃、文章のとりこになった須賀敦子さんの本の装丁にモランディの静物画がよく似合っていました。

開催期間は..

こどもとファッション
小さい人たちへの眼差し

2016
7|16 Sat. → 8|31 Wed.

東京都庭園美術館

[PR]
by minako-info | 2016-07-22 23:11 | from mina

ほおずき

f0009984_22123284.jpg

きのう。葉っぱに雨粒の乗ったほおずきがいろんな色でかわいかった。こどもの頃、中の赤い実をやぶらないで種を出して、空っぽの赤い実の皮をふくらまして風船って遊びをした。

[PR]
by minako-info | 2016-07-22 22:24 | from mina

二葉の塩ラーメン

f0009984_22201452.jpg

きのう帰宅してテレビをつけたら、とんねるずが東京でいちばん通っている中華料理屋さんにきたないけれど味は最高のお店にトロフィーをあげる『きたなトラン』で訪れていました。たったいまそこから帰って来たところだったからびっくり。60年もやっている昭和な雰囲気の食堂だけど、いつもそうじが行き届いているから汚いと思ったことがなかったなぁ。いつ行っても地元の人やサラリーマンの人たちで混んでいます。朝から大雨で傘をさしても濡れて歩いたから、冷えたからだにふたばの塩ラーメンが沁みました。番組でとんねるずはタンメンを食べていました。定食も安くてボリュームがあっておいしい。餃子も好き。上京してからずっと変わらぬ味。びっくりするくらい早くラーメンが出て来るときがあります。

[PR]
by minako-info | 2016-07-22 22:20 | from mina

もぎりんご

f0009984_21534030.jpg

個展のときに飾ったちぎり絵。ぶたの女の子と葉つきのりんご。“もぎりんご”とひとりで呼んでいる絵。いろんな人やどうぶつでもぎりんご作りたい。

ぶたは世界中で幸運を呼ぶどうぶつとして愛されているそう。りんごは健康や命を守ってくれるくだもの。色とりどりの花やみどりの葉は植物の美しさをおしえてくれる。咲いて枯れて命のいとなみを気づかせてくれる。

ともだちに贈りました。
ちぎり絵はふぞろいなのが好き。
ちぎってのりで貼って無心になる。

[PR]
by minako-info | 2016-07-22 21:53 | from mina

ピーナッツミルクとちいさなチーズケーキ

f0009984_2235526.jpg

f0009984_2235550.jpg

ある日の昔ながらの喫茶店。おしゃれなカフェより商店街にある昔ながらの喫茶店や純喫茶が好きです。上京した頃の東京は味のあるお店がもっとたくさんありました。余談ですが青森県の弘前市は、太宰治が通ったカフェーがまだあったりコーヒー好きが多いのか老舗の喫茶店がたくさん残っています。写真のお店は東京に住んで30年近くよく通る道にあり、その頃からまったく変わらない外観。ちいさな喫茶店だけど本や漫画もたくさん置いてあるので、お客さんは本を読みながらコーヒーを飲んでいる。メニューはクリームソーダや昭和っぽい喫茶店のなつかしいものからコーヒーは本格派。この日、初めて飲んだ温かいピーナッツミルク。お味噌のような風味も感じる香ばしさと濃さ。お砂糖をまったく入れなくても甘かった。粗びきの底のピーナッツはミルクでやわらかくなって最後にスプーンですくって食べます。200円のちいさなチーズケーキは、とてもちいさいけどたっぷりの生クリームにラム酒がかかって大人の味。ラム酒漬けのレーズンもてっぺんにちょこん。底からチーズケーキが現れて、ちいさいけど満足するおいしさ。夜はランプのような落ちついた灯り。

[PR]
by minako-info | 2016-07-20 22:03 | from mina

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧