mina*info minainfo.exblog.jp

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2018年 09月 17日 ( 2 )

有り難う

f0009984_8334199.jpg

ドラマ「寺内貫太郎一家」。おばあさん役を演じた樹木希林さんは31歳。TBSの久世光彦さん演出のドラマがこどもの頃から好きで、30代の頃の樹木希林さんの演技にいつも大笑いしました。でもおばあさんがちょっと怖くもあった。アドリブがたくさんあったそうなので、受ける相手役の若い俳優さんの一瞬の緊張や戸惑いを画面越しに感じていたのかもしれない。今年公開された「万引き家族」を渋谷の映画館に観に行きました。樹木希林さんの演じたおばあさんがほんとうに素晴らしかった。唯一無二の演技だと思った。帰り道、20数年前に今はもうこの世にいない恩人にかけてもらったことばを不意に思い出しました。樹木希林さんと温かいコマーシャルを長年作ってきた人。当時は少しがっかりしたことばが、この歳になると宝物のようなことばだったんだなと感じる。この春だったか実家に帰ったとき、テレビ番組のトークゲストに樹木希林さんが出ていました。ものごとの考え方、老いの向き合いかた、病気との向き合いかた、うなずきながら見ていました。父が亡くなる前、両親とも映画が好きで、ときどきは夫婦で観に出かけていました。歩けなくなった父を車椅子に乗せて最晩年も観に出かけていました。日々の暮らしに忙しく休みの無い母に「万引き家族」を映画館で観てほしくて、樹木希林さんのおばあさんを観てもらいたくて、あとはやっておくから..と甘い温かいコーヒーを母のコーヒーボトルに入れて手渡し、夕方の映画の上映時間に間に合わなくなるからと無理やりに送り出した。樹木希林さんのことをもっと書きたいことがあるような気がするけど、うまく書けない。樹木希林さんの演じる万引き家族のおばあさんを、映画館で母に観てもらえてうれしかったです。十分生きて自分を使いきることが人間冥利に尽きると話されていました。そうありたい。病気を得てからの樹木希林さんのことばにずいぶん気持ちを軽くしてもらったなぁ。難を受けながら人間は成熟していくと話されていました。難が有るから有り難いんだって、ありがとうなんだって。絶望とのつきあいかた、真似したいです。ロックンロールな樹木希林さんの生きざまを、たくさんのお芝居で観せてくださって、どうもありがとうございました。ご冥福を心からお祈り申しあげます。

[PR]
by minako-info | 2018-09-17 22:34 | from mina

絵本選び

f0009984_15463588.jpg

年齢差のあるたくさんのこどもたちにどんな絵本だったらひとりひとりの心に届いてくれるかな..と、世界中の大好きな絵本の中から、いまは斉藤隆介さんと滝平二郎さんのコンビの絵本を読み返しています。あらためて声に出して読むと涙が出てくる。東北のことばが何しろ魅力的だから一冊は選びたいなぁ..おふたりの絵本は「モチモチの木」は国語の教科書に載っているし、「猫山」がやってみたいなぁ、「でえだらぼう」もいいなぁ、「ふき」「ソメコとオニ」「ゆき」「ひさの星」「半日村」「ちょうちん屋のままッ子」..どんどん浮かんできます。こどもの世界はちっとも楽じゃないって知っている。少しだけでも何か力づけてあげられるような、大丈夫だよ。大切に思っていますよと伝えたい。楽しい思い出が浮かんでくるようなこども時代であってほしい。いつも絵本は贈り物をする気持ちで一冊を選んでいます。悩ましいけれど、楽しい。

[PR]
by minako-info | 2018-09-17 15:46 | from mina