mina*info minainfo.exblog.jp

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

くまパン

f0009984_20465487.jpg

おやつに食べたくまパン。前に住んでいた家の近くにあったパン屋さんもくまパンがときどきあった。お子さんの絵を再現したくまパンは幼いくまの顔をしていた。帰り道にあるパン屋さんのくまパンはちょっと大人っぽい。中にチョコカスタードが入っていました。パン、噛みごたえがあっておいしかった。

[PR]
by minako-info | 2017-11-30 20:46 | from mina
f0009984_15243.jpg

f0009984_152484.jpg

f0009984_152421.jpg

日曜日。世界から稀有な才能のピアニスト達が集まったコンサートを思いがけず観ました。さまざまなピアノの表現、表情のちがいに新鮮な感動がありました。

2日間あったフェスティバルの1日目は、キース・ジャレットと双璧をなす、北欧の巨匠。ボボ・ステンソン・トリオ。/現代ポルトガル音楽を代表する音楽家のひとり。マリオ・ラジーニャ。/ブエノスアイレス生まれのピアニスト、作編曲家。ディエゴ・スキッシ with 北村聡。

わたしが観たのは2日目。ひとり目は、ドイツのデュッセルドルフを拠点に活動するピアニスト。ハウシュカ。/新世代ポーランド・ジャズ最高のピアニスト。スワヴェク・ヤスクウケ。/細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」、スタジオジブリを描いた「夢と狂気の王国」の音楽を手掛け、長く親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した“動く動画”と評される映像、両方を手掛けるアーティスト。高木正勝。

その中でいちばん好みだったのは、スワヴェク・ヤスクウケ。ピアノとピアニストに優しい灯りがある以外は暗やみ。観ているときになぜだか“ミニマリスト”ということばが浮かぶ。ピアノの弾きかたを可愛いと表現してよいのかわからないけど、可愛いかった。独特でもあった。どの曲もメロディが耳に残り、口ぶえを一緒に吹きたくなるような感じ。耳を澄まして遠くの音を聞くようにピアノを聴いた。不思議な初めての聴きかたでした。曲の終わりかたも、たどたどしい日本語のあいさつもぜんぶチャーミングでした。

絵本のような小さな物語が演奏から現れてくるようなピアノを弾く、スワヴェク・ヤスクウケ。帰り道、名前を何度も口に出して覚えた。

[PR]
by minako-info | 2017-11-30 00:38 | from mina

銀杏BOYZ弾き語りライブ

f0009984_13077.jpg

f0009984_13031.jpg

今年最後に観れた銀杏BOYZのライブは、横浜のライブハウスでの弾き語りライブ。今年は銀杏BOYZが精力的に活動してくれたお陰で、長いファン歴でいちばんライブを観れた年かもしれない。うれしかった。心折れる日もある日々の中で、銀杏BOYZのライブは心の支えになりました。ほんとうに。書きたいことはあるけれど、ことばにすると足らなくて、大事なことはこぼれ落ちそうだから、目をつぶって静かに観たライブのことを思い出したいと思います。ついハナウタで歌っちゃう曲を何曲もやってくれて、心の中でキタ〜ッと思いました。「惑星基地ベオウルフ」という曲、歌詞もメロディも大好きで冬に聴きたくなる。アンコールは、弾き語りライブとは思えない客席に峯田くん乱入で男の子たち大暴れという銀杏BOYZらしさもありつつ。峯田くんのMCは相変わらず冴え渡っていた。ゲラゲラ、ひさしぶりに爆笑しました。ライブハウスっていいなぁ。温かくていいなぁ。曲は前から知っていたけど、LOSTAGEの五味岳久さんの弾き語りライブもとてもよかった。歌声、素敵でした。ライブハウスの近さで峯田くんの歌を聴けるのは無上の喜びでした。涙が流れたり、笑ったり、どきどきしたり、真顔になったり、この世にもういない人のことを思い出したり、銀杏BOYZのライブは、わたしのまんまでいてもいいと思える。からだに歌声の余韻が残り、眠るのがもったいない夜でした。

1.NO FUTURE NO CRY

2.エンジェル ベイビー

3.骨

4.恋は永遠

5.惑星基地ベオウルフ

6.トラッシュ

7.夢で逢えたら

8.光

9.BABY BABY

10.ぽあだむ

[PR]
by minako-info | 2017-11-30 00:03 | from mina

ポストマン

f0009984_13265335.jpg

大きな郵便局に行くと郵便局限定商品が充実している。季節柄、クリスマスカードや年賀状を見ているだけで楽しい。記念切手も新しく素敵なのがたくさん出ていたなぁ。待ち時間が無いときは用事をサッと済ませて帰るけど、長いとじっくり見てしまう。好きな外国の絵本やイラストレーターとのコラボや、スヌーピーやサンリオやアニメとのコラボ、日本らしい和を感じる商品、お年玉のポチ袋も可愛いのがありました。きのうは葛飾郵便局と映画『男はつらいよ』のコラボ商品が一番気になった。こどもの頃、お盆やお正月になると観に行った寅さん映画は、いまも大好き。きのうは郵便局限定マスキングテープを選ぶ。さっそく姪に出す手紙に使います。

[PR]
by minako-info | 2017-11-18 13:26 | from mina

紅葉

f0009984_23282076.jpg

もみじの葉っぱも真っ赤だな〜♪と口ずさんでいました。新緑や深緑の季節も好きですが、紅葉・黄葉の頃が好きです。

[PR]
by minako-info | 2017-11-08 23:28 | from mina

色えんぴつ

f0009984_14184450.jpg

短くなった色えんぴつだったので、新しい色えんぴつを選びました。うれしい。仕事でときどき御茶ノ水に行くと文房具さんや画材屋さんが充実していて帰りに寄り道してしまう。こどものときから本屋さんや文房具屋さんや手芸屋さんやレコード屋さんやひとりでいろいろ見たり、ちょっとしたものをおこづかいで買うのが楽しみでした。この前、来年は年女だということを文房具屋さんの店頭の年賀状売り場を見てハッと気づきました。いっぱい動こう。年女、楽しもう。とふつふつと思いました。新しい色えんぴつで絵を描いて行こう。

[PR]
by minako-info | 2017-11-05 14:18 | from mina