人気ブログランキング |

mina*info minainfo.exblog.jp

みつはしみなこのインフォメーション


by minako-info
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2019年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

妖怪の絵



f0009984_12355353.jpg
f0009984_12355301.jpg
f0009984_12355361.jpg
f0009984_12355320.jpg
f0009984_12355335.jpg
f0009984_12355243.jpg
f0009984_12355222.jpg
f0009984_12355203.jpg
f0009984_12355356.jpg
f0009984_12355325.jpg

帰省のたびに小学生の姪と甥と一緒に遊んで流行る遊びがいくつか出来る。ふだんは現代っ子と思える遊びが多いこどもたちですが、わたしが入ることで急に“昭和感”溢れる遊びに変わる。この夏よくやった遊びが姪が学童保育で覚えてきた“あやとり”と春にわたしが裏庭の木に作ったブランコを使ったさまざまな遊び。姪と甥が考えた不思議な遊びも一緒にした。姪は小さいときからお化けや妖怪や妖精に興味があり、小学校の図書室から借りてくる本もそんな本が多い。そのときに興味のあることの本をプレゼントしたいと思っているので、漫画家の水木しげる先生の妖怪の本を贈っていたら、この夏は妖怪の話ししかしないんじゃないかというくらい“妖怪博士”みたいになっていました。妖怪の絵を描いて、なぜか姪が採点するというお絵描き遊びが楽しかった。語りをする民話の化けものの絵を自分で描いてみたいと思っているので、刺激をもらった。“うみぼうず”はタコに似ているという理由で5点減点された。

by minako-info | 2019-08-21 12:35 | from mina

◇ご披露した演目◇

津軽地方に伝わる昔ばなし

1.若返りの水(中泊町長泥)

2.長い名の子(中泊町、元木造町など)

3.たんこと鬼ばば(津軽地方)

※中泊町小泊に残る「小僧コいいが」・「三枚のお札」と同じ昔ばなしになります。

4.屁ったれ嫁(津軽地方)

5.下の口を養う(艶笑ばなし) 

※東北地方の艶笑ばなしを今回ご披露したくて選りすぐりの昔ばなしを一つやらせてもらいました。岩手県遠野市に残る昔ばなしを津軽ことばにしました。

6.ぼさまとくじら(南部地方・津軽地方)

※津軽三味線の昔ばなしを探したら、津軽地方は資料としてしか見つけられず、南部地方に残る昔ばなしと同じお話しだったので、南部のことばを津軽ことばにして語りました。

7.むすめのなみだ(津軽地方)


昨年秋の公演に引き続き、今年も青森県北津軽郡にあります中泊町図書館から良い機会をいただきまして、たいへんうれしかったです。演目は小泊と中里に古くから伝わる昔ばなしを選びたいと思い考えました。今回ご協力をいただいた「リーディングサークルさくら」代表で「語る会」のメンバーである今ゆき子さんと、今さんの語りに音楽をつけてくださってオリジナル曲の演奏や歌をご披露してくださった荒関忠之さんとの共演となりました。終演後にいただいたご感想はじわじわと沁みてくる、うれし涙が出るお言葉で励みにします。昔ばなしや艶笑ばなしにどっと笑いが起きたり、皆様がぐっと深く語りを聞いてくださっている雰囲気に引っ張っていただいて、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。皆様に心から感謝申しあげます。どうもありがとうございました。

☆こちらも送っていただいた写真で恐縮です。共演者の今ゆき子さん、荒関忠之さんとご一緒に。

f0009984_20422565.jpg


by minako-info | 2019-08-15 22:48 | from mina

◇ご披露した演目◇

「自伝 津軽三味線ひとり旅」より

      高橋竹山 著

「読みがたり 青森のむかし話」より

「ぼさまとくじら」


8月3日、弘前市はねぷた祭りの時期でした。お席を増やして、ありがたいことに大盛況となりました。終演後にお声をかけてくださった方々のご感想を心に留めておきます。本当にうれしかったです。どうもありがとうございました。

ご披露した演目は、20年ほど前から挑戦してみたかった演目でした。ひとりで音読をよくしていた本です。さまざまなタイミングが重なり、この機会にやってみようと思いました。高橋竹山の言葉が胸に刺さり、感極まりどうしても稽古は何回やっても泣いてしまっていました。壮絶な人生をくぐり抜けてきた生きざまを感じる清々しいくらいの言葉に、どこか背中を押してもらうような温かな感覚をもらっていた気がします。本番も涙をこらえた瞬間があったけれど、挑戦が出来て良かったです。竹山の演奏を聴いていても、自分なりに理解が深まりました。高橋竹山が目の前にいるようだった..と話してくださった方や、竹山の津軽三味線が好きで生家やゆかりの場所を訪れたことがあるご年配の方がかけてくださった言葉も印象深く残りました。貴重な経験をさせていただきました。お世話になった皆々様、本当にありがとうございました。

☆今回の公演では写真を撮ることを忘れて..お客様に送っていただいた写真を恐縮ながら使わせていただきました。ご一緒に写るのは、共演者の「語る会」の今ゆき子さんと、「語る会」の公演時のスライドショーでいつも素敵な“津軽”の写真を撮ってくださる「語る会」事務局長の長尾勝文さんです。長尾さんは県立高校の教員をされていた方で、わたしの高校のときの担任の先生と同僚だったということがわかり驚きました。

f0009984_21405514.jpg


by minako-info | 2019-08-15 22:40 | from mina
f0009984_23560077.jpg

8月15日(木)に青森県弘前市にありますラジオ放送局「FMアップルウェーブ」の「津軽いじん館」という番組へ出演いたします。番組を担当されているのはラジオパーソナリティの倉田和恵さんという方です。

余談ながら。こどもの頃から今もラジオをよく聴きます。ほぼ毎日聴いていると思います。東京では「J-WAVE」もよく聴くラジオ放送局ですが、FMアップルウェーブは同系列なのでJ-WAVEの番組もたくさん放送されています。

8月15日(木)「津軽いじん館」は、16時に放送されます。同日19時に再放送があります。

聴き逃したときは「radiko」等のタイムフリーで聴くことが出来るそうです。ご質問にうまく答えることが出来ず、ちゃんと話せていないかもしれませんが😅よろしければお聴きください。


by minako-info | 2019-08-15 22:33 | from mina
f0009984_09192257.jpg

f0009984_09192386.jpg
f0009984_09192219.jpg

8月7日(水)の「陸奥新報」の朝刊に8月3日(土)に弘前市立郷土文学館で開催された公演の記事が掲載されました。丁寧な取材をどうもありがとうございました。たくさんのお客様がお越しくださり、おかげさまで大盛況でした。お世話になりましたすべての皆様に心から感謝しております。語りのご感想を終演後にたくさんいただいて、これからの励みにします。本当にありがとうございました!!また公演時の写真やご披露した演目などブログで報告いたします。

by minako-info | 2019-08-08 07:18 | from mina

☆8月4日(日)公演情報

この夏、昨年の秋に公演をさせていただきました青森県北津軽郡中泊町にあります中泊町図書館で語りの公演をさせていただくことになりました。

8月4日(日)の午前10時から11時の公演になります。参加費は無料です。青森県津軽地方に伝わる民話を中心に選りすぐりの演目をご披露が出来ればと思っております。

日曜日の開催ということで午前の時間帯にさせて頂きました。中泊町にお住まいの皆様はもちろんのこと、たくさんの皆様にぜひともお越しいただけると嬉しいです。ご都合がよろしければ中泊町図書館へお足をお運びくださいませ。よろしくお願いいたします。

中泊町の広報紙やホームページなどで詳細が発表されるそうなので、またこちらのブログでお知らせいたします。こどもの頃の思い出がたくさんある母の実家がある中泊町で今年も公演をさせていただけることを心から嬉しく思っています。

        かしこ
      
      令和元年6月吉日

       みつはしみなこ

☆中泊町図書館

青森県北津軽郡中泊町大字中里町字紅葉坂210

図書館(総合文化センター内)TEL 0173-69-1111(代表)

開館時間 午前9時~午後4時45分まで

休館日 毎週月曜日、毎月第4木曜日、国民の祝日、年末年始(12月28日~1月4日まで))

※中泊町図書館は同じ敷地・建物内に、中泊町博物館と総合文化センターがあります。中泊町の遺跡や文化財など、展示物や企画展も見ごたえがある博物館です。図書館と同じ建物にある総合文化センターは727席あるホールがありたいへん充実した施設です。
f0009984_18304142.jpg


by minako-info | 2019-08-04 18:24 | from mina

☆8月3日(土)公演情報

昨年ご縁があって参加をさせていただいた「語りの会」の弘前市立郷土文学館の催し「ラウンジのひととき」へ今年の夏も出演させていただくことになりました。良い機会をほんとうにありがとうございます。今年は小説家の太宰治の生誕百十周年にあたり青森県内外でたくさんの展覧会や催しがおこなわれています。弘前は旧制弘前高等学校の頃を過ごした太宰のゆかりの地でもあります。弘前市立郷土文学館では貴重な直筆の原稿や手紙などさまざまな資料が展示されて見ごたえのある展覧会が開催されています。お越しの際は、どうかごゆっくりご覧ください。公演へお越しくださる皆様とお目にかかれますことを心から楽しみにしております。

        みつはしみなこ

f0009984_19382624.jpg
f0009984_19382616.jpg
f0009984_09192219.jpg


by minako-info | 2019-08-03 19:38 | from mina